地域からのお知らせ >> 記事詳細

2019/03/15

ポリ塩化ビ二フェニル使用安定器の早期処理について

Tweet ThisSend to Facebook | by:宜野湾市商工会
沖縄県環境部より昭和52年3月以前に建築又は改修された建物について、PCB使用安定器の使用・保管の状況の確認のご協力依頼がありました。

安定器は蛍光灯や水銀灯などの放電を安定させるための装置で、照明器具の内部等に設置されています。

昭和32年から昭和47年にかけて製造された業務用照明器具の安定器にPCBが含まれている可能性があります。
製造から40年以上が経過するPCB使用安定器は、劣化して破裂し、PCBが漏洩する事故が全国で発生しています。

・確認にあたっては普段職員が立ち入らない倉庫や屋外に設置されている外灯も含め施設内くまなく確認してください。
・過去に取り外した照明器具や安定器が残されている場合は合わせて確認してください。

詳しくは沖縄県ホームページ PCB使用安定器についてのHPをご覧ください。
https://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/seibi/sangyo/pcb/anteiki.html


14:13 | コメント(0)